「本気で転職したい人へ」年末までにやっておくべき、意識を刺激する3つの方法

今日は、「本気で転職したいあなたへ」年末までにやっておくべき、意識を刺激する3つの方法を紹介します。

ちなみに

  • 自己啓発本を読む
  • 自分の強み、長所を分析する
  • 将来のなりたいキャリア像を描く

なんて一般的なお話はここでは書きません。

人事担当経験を経て知った、少し破天荒だけど意識を刺激する効果的な方法を紹介しようと思います。

これは、20代、30代前半の方で、現状に何かしらの不満があり転職を考えている人向けの記事です。

さぁ、いきましょ!!

まず源泉徴収票を見る

12月は年末調整の時期です。

ほとんどの人は、今年度支給された給与の総額が記載された源泉徴収票を会社から配られたのではないでしょうか?

まず、この源泉徴収票の支給金額を凝視してくださいね。現状把握です。

俺一年を通して、たったこれだけの給与しか貰っていないのかよ

って、これを見ることで現実を把握できると思います。

資本主義社会においては労働の対価として賃金が支払われ、会社は個々人の労働の貢献度に応じて給料を支給しています。

この給料の額を見れば、ズバリ貴方の会社での評価(価値)がわかります。

また、これまでの給与の伸び率から生涯年収(会社での生涯評価)もざっと計算しましょう!

毎月必ず決められた日に決められた給料を貰っていると、「安定」や「安心感」を得られて、会社から真っ当に評価されているかのような気になって、人間は感覚が鈍ってしまいます。

改めて自分は思ったように、社会で活躍できていないことを冷静に認識し危機感を持ちましょう。

まとめ

  • 源泉徴収票を見る
  • 現状の給料の把握する共に、会社からの自分の評価を確認する
  • 生涯年収もざっと計算する
  • 思ったよりも自分は活躍できていないと冷静に認識し危機感を持つ

徹底的に自分を卑下・自責をして一年を棚卸しする

得意なことは何ですか?と聞かれたら、自分の長所や武勇伝をスラスラとすぐに答える人いますよね。

そのような人の多くが、不得意なこと何ですか?と聞かれたら、一瞬詰まって急に、しどろもどろになる確率が高いです。

成功体験は声高に語れるけど、失敗体験は話せない人です。

プライドや自尊心が邪魔し、恥ずかしい自分を認められないんです。

そんなプライドは今年に捨ててしまいましょう。

そのために、

  • この一年間で上手くいかなかったこと
  • 大きな失敗をした出来事
  • 思ったように目的を達成できなかったこと

に対して、自分を徹底的に卑下して振り返りましょう。

自分のダメなところ見つける棚卸しましょう。(もちろん、環境や周りの人のせいにせずに、全て自責で考えましょう)

徹底的に自分を追い詰めると精神的に辛いかもしれませんが、途中で諦めずに。

自分の弱さと向き合うことで、素直さを誠実さを身に付けることができます。

まとめ:人事担当をしていた自分からのアドバイス

会社は、成功体験や実績をアピールする人より、失敗体験を恥ずかしがらずに語り、

自分の短所や弱さを認めた上で改善に向けて行動できた経験を話す人を求めています。

仕事は、成功の数より、失敗の数の方が多いです。

失敗した時に、素直に受け止め、改善する行動をしないといけません。

失敗体験を人に語りましょう。そして、意見を求めましょう。

棚卸をすると、いかに自分が仕事ができなさすぎてダメだったかが見えてくると思います。

徹底的に自分を追い詰めて向き合った結果、本当に自分の弱いところが見えてきたんです。

ここまできたら、棚卸をした失敗体験を人に話しましょう。そして、是非意見を求めてください。

人と話す行為を行うには、頭の中で過去の体験を順序立てて、まとめておかないと話せませんよね。

以下の項目に沿って内容をまとめておくといいでしょう。

  • どんな失敗体験だったのか
  • どんな原因でそれが起こったのか
  • 原因から見えてきた自分の弱点は何なのか
  • そこから自分は何か感じ、どう行動したか

人に失敗体験を話すのは恥ずかしいです、正直なところ。

しかし、他人に話して意見を求めることで、その人目線で気づいたことや感じたことを知るいい機会になります。

また、その他人の意見が新たな気付きになり、自分自身で気づいていなかった自分自身の強みを見つけるきっかけとなるかもしれません。

まとめ

  • 失敗体験を人に語り、意見を求めましょう
  • 他人の意見が新たな気づきになるかもしれない
  • 自分自身で気づいていなかった自分自身の強みが見つかるかもしれない

3つの事をやりきったら

上記3つの事をやりきれば、やる前とやった後では、きっと意識は随分変わっていることでしょう。

プライドや自尊心を自らズタズタに壊し、自分の本質と向き合う。

3つの方法のまとめ

  • 会社での自分の立ち位置を再確認し、気を引き締めることができる
  • 徹底的に自分を追い込む事で、自分のダメなところ認識し、素直に認めることができる
  • 他人に失敗体験を話す事で無駄な自尊心やプライドがなくなる
  • この結果、自分では見えていなかった自分の良いところが見えてくる

一般的な自己分析や自己啓発を行い転職準備をするよりかは、破天荒なこの方法をする方が、本当に自分自身と向き合うことができるし、意識改革になって良いと思います。

まとめ

転職を考えている人は、年末のこの時期、一年の棚卸を兼ねて行なってみてはいかがでしょうか?

  • 得意なことは何ですか?
  • 不得意なこと何ですか?

と聞かれたら、あなたはきちんと語れますか?