人事目線で教える、転職成功を叶える転職活動をする5つのコツ

世の中には転職に成功する人転職に失敗する人がいます。

苦難の転職活動を乗り越えて、やっと獲得したニューライフ。

誰しも、転職は失敗したくないものです。

 

今回の記事では、元人事担当者の視点から見た、転職で失敗しないためのアドバイスを教えちゃいます!

転職を考えている人は、転職前に読んでも損わないです。

さぁ、行きましょう!

その1:覚悟を持つ

この現代日本で、自分で会社を経営しない限り、必ず自分の思いが全て叶えられる会社などありません。

もし仮に、従業員満足度が非常に高い会社があったとしても、そんな会社は人が辞めないので、中途採用の募集はしないので、巡り合うことは一握りの確率です。

 

どんなに今より良い条件で転職をしたとしても、転職後も自分の意にそぐわない部分も受け入れる覚悟が必要です。

あまりに高い理想を持って転職をすると、現実とのギャップにガッカリしてしまう可能性が高いです。そのギャップに落ち込み、また転職といった悪循環に陥ることもありますよ。

転職後も自分の思いが全て叶えられる会社などないと覚悟を持ちましょう!

その2:嫌われる勇気を持つ

転職に嫌われる勇気を持つことが必要です。

転職するには、今までお世話になった会社に別れを切り出さないといけません。

現代風コメディーでいうと、

「新しい彼女できたから、俺と別れてくれ」

「お前と並行して浮気してたんだよね。んで、告白されてOKして付き合うことになったわけ。」

こんなやり取りを聞いて怒らない元カノはいませんよね。

当然、会社も別れを切り出されたら驚くし、逆ギレされることもあるかもしれません。

周りからは裏切り者として嫌われる可能性もありえるでしょう。退職日までシカトされることもあるかもしれません。

しかし、本当に転職を強く望むのであれば、嫌われる勇気を持たなければなりません。

嫌われる勇気を持って転職に取り組むと、転職への真剣度も増すし、真剣に将来に対しての考えも定まるでしょう。

嫌われることが怖いな〜という人は、こういう本を読んで嫌われる勇気を持つことも大切ですよ!

その3:叶えたい条件を設定し、ブラさない

  • 年収を上げたいから転職をする
  • 海外で働きたいから転職をする
  • 小さな組織を自分が引っ張って大きくしたいから転職をする
  • 満員電車に乗りたく無いから転職する

 

などと転職をして叶えたい夢や条件は人それぞれでしょう。

本当に後悔しない転職をするためには、転職前に、必ず叶えたい条件を一つ設定することそして一度決めたら転職活動が終わるまで、絶対にブレさせたり変えたりしないこと。

あなたが絶対に譲れないと思った条件が叶えられない会社に仮に転職できたとしても、後々それが後悔になって、心に引っかかって、「また転職する」という悪循環に陥りますよ。

絶対にブラさない軸があることが、転職時の強みになることもありますからね。

その4:諦めても良い条件を設定する

自分が求める条件が全て叶う会社などありません。

転職後も想定もしてなかった自分の意にそぐわない部分が出てきて辛く思うこともあるかもしれません。

転職で絶対に叶えたい条件があるならば、転職で逆に失うもの条件があることも覚悟しなくてはいけません。

「何かを得たければ、何かを犠牲にしなくてはならない」という言葉にもあるように。

 

自分にとっての諦めてもいい条件は人それぞれです。

上場企業という肩書き?朝の満員電車?服装自由?住宅手当?

失っていい条件は何なのか今一度考えてみましょう!

さいごに:情報収集を怠るな

転職に際しては、必ず複数の手段で求人や会社情報をチェックし情報を収集しましょう。

情報収集の手段としては、リクナビNEXTやマイナビ転職などの媒体が有名ですよね。



他にも、ハローワーク、Indeed、人材紹介会社などもありますよね。

転職は人生を決める大きな決断です。自分で動き、自分で情報を収集し行動しましょう。

色々な情報を見て、とことん悩んでとことん考えたっていいんですよ。

アルフレッド・アドラーは著書「人生に革命が起きる100の言葉」でこんな言葉を言っています。

人間は自分の人生を描く画家である。あなたを作ったのはあなた。これからの人生を決めるのもあなた。

「アルフレッド・アドラー」

 

あなたの人生を決めるのはあなた自身です。

転職する全ての人がいい機会に恵まれることを祈っています。