上司との飲みでも困らない!盛り上がる会話ネタを世代で分析してみた!

今日飲みに行かないか?」と突然の上司からの誘い。

終業間際にこの言葉を掛けられただけで、一気にテンションが落ちてしまう人も多いと思います。

 

最近の若い人の中には、職場関係の人と飲み行くことを嫌い、プライベートで上司と飲みに行くこと、コミュニケーションを取ることに極めて強い苦手意識を抱えている人が多くいます。

そのため、実際に上司の誘われると

  • 何を話したらいいんだろう?
  • どんな会話がウケるのかわからず悩む
  • 黙っているとなお気まずい

と悩んでいる人も多いはず!

 

そこで今回は、上司との飲みの席で会話に困っている新入社員から20代の若手社員向けて

飲み会が好きな世代の上司にウケの良い、飲み会で盛り上がるネタを紹介します!

  • 団塊ジュニア世代(40代前半から40代半ば)
  • バブル世代(40代後半から50代前半)
  • 新人類世代(50代前半から50代後半)

 

さっ、いきまっしょ!

団塊ジュニアの上司向け

初めはこの世代の上司です。

主に40代前半から40代半ばの上司が対象ですね。

この世代は団塊ジュニア世代と呼ばれています。

この世代の特徴としては、こんな特徴が挙げられますよ。

  • 大学受験の時には受験戦争に巻き込まれた
  • 就職の前後でバブル崩壊に直面し大学卒業者の全てが就職氷河期を経験
  • アニメ、漫画、ゲームなどのサブカルチャーが大流行

 

社会の激動期を生きてきた団塊ジュニア世代の上司に対しては、

その時の労を労う『気遣い』や『共感』を持って、その時の話を振ると盛り上がるでしょう。

受験戦争や就職活動の苦労話

こんな激動の時代を生きてきた上司との会話には、その時の苦労話や武勇伝を語ってもらうといいでしょう!

例えば以下のようなやり取りが想像できますね!

  • 受験戦争はどれほど大変でしたか?
  • 就職活動はどのくらい大変でしたか?
  • 厳しい時代に就職内定を勝ち取った○○さんはすごいですね。
  • 厳しい世の中を生き抜くアドバイスください。

 

受験戦争や就職氷河期を経験したからわかる、苦労話や厳しい社会をいく抜く教訓などを聞くと上司は、

  • 自分を頼ってくれている良い部下だ!
  • 自分の辛い過去を理解してくれる良い部下だ!

と喜んで話をしてくれるはずですよ!

漫画やアニメの話

団塊ジュニア世代には、漫画アニメの話題も抜群に相性がいいです。

団塊ジュニア世代の子供の頃に、サブカルチャーが大流行!

  • 子供の頃にはラジコンやファミコンが登場
  • ガンプラやチョロQの大ブーム
  • キャプテン翼やドラゴンボールなどの漫画も大流行

 

まさに、サブカルチャーの流行ど真ん中世代ですね!

例えば以下のようなやり取りなんかは盛り上がりそうですよ。

  • ガンダム好きでしたか?
  • ガンダムフィギアやラジコンを集めるのが好き
  • どんなファミコンソフトが流行りましたか?
  • キャプテン翼を読んで憧れてサッカー始めました

 

などと当時の話題を挟みつつ、趣味の話好みの話マニアックなサブカル話を織り交ぜながら話せば、1時間はあっという間に過ぎると思います。

プライペートな上司の意外な一面を知ることができて、もしかしたら仲良くなれるかもしれません!

バブル世代の上司向け

次はこの世代の上司です。

主に、40代半ば〜50代前半の上司が対象ですね。

この世代の特徴としては、こんな特徴が挙げられますよ。

  • 日本全体が高度成長期で高景気、消費が激しい
  • ディスコ、クラブなどの若者向けの娯楽がブーム
  • ワンレン、ボディコン、リーゼントなどの若者向けファッションが盛り上がった

 

この世代は日本の高度成長期、バブル時代のイケイケどんどん時代を生きてきたのが大きな特徴ですね。

そんな順風満帆な時代を生きてきた上司に対しては、その時代の

  • 特有のあるあるネタ
  • 情熱や夢の話
  • ファッションやお金の話

などの話を振ると盛り上がることは間違いなし!

情熱や夢の話

日本の高度成長期を生き抜いてきた上司は、モーレツ社員という言葉に揶揄される通り、暑苦しほど熱い人が多いです。

モーレツ社員とは高度成長期に生まれ、使われた言葉で、会社への忠誠心や出世のため、家庭や家族を顧みず、プライベートを犠牲にし、上司や会社の命令のまま、がむしゃらに働くサラリーマンを指す。

参照:日本語俗語辞典

そんな上司に対しては、自らも少し無理をしてでも、熱く接したり、相談や語ったりするといいです。

例えば以下のようなやり取りは理想的です。

  • もっと出世したいけれど全然仕事ができていないことに悔しさを感じています。
  • 成長するためには何が必要でしょうか?
  • 将来は叶えたい大きな夢や大きな野望があるんですが、聞いてください。

 

イケイケドンドンの時代を生き抜いてきた上司にとって、明るく前向きに将来を考えて働いている部下の話を聞くと

  • 自分の若い頃と似ていて共感が持てる
  • 熱い情熱がある奴はいい奴だ

と上司からの同調意識が生まれやすく、場も盛り上がるのではないでしょうか。

ただ、やり過ぎると熱い上司のスイッチが入るのでほどほどに・・。

 バブル時代のあるあるネタ

バブル時代は、今では死語になりつつある

  • リーゼントやワンレン
  • ディスコやボデコン

などの若者向けの文化が流行した時代でもあります。

 

最近は、芸人の平野ノラさんや、ソフトバンクのなめ猫や桐谷美玲さんのCMでも目にしますが、

そのバブル時代の流行のは特殊で面白く、話題が出ると笑いのネタに絶対なります!

例えば以下のようなやり取りなんかは盛り上がりそうです。

  • ボディコン、肩パットって面白いファッションですね!
  • しもしも〜、オバタリアン、ランバタ、アッシー君って言葉本当に使ってたんですか?
  • ディスコではみんなジュリセン振ってたんですか?
  • 靴が汚れたら一万円札で拭いていたって本当ですか?
  • 1日にどのくらい最高でお金使いました?

 

などどバブル時代特有のあるあるネタを持ち出せば、上司は機嫌よく話してくれると思います。

きっと面白く、楽しくその場を盛り上げることができるでしょう。

 

新人類の上司向け

最後はこの世代の上司です。

主に、50代前半〜50代後半の上司が対象ですね。

この世代は新人類と呼ばれています。

この世代の特徴としては、こんな特徴が挙げられますね。

  • テクノポップやヘヴィメタルやロックなどを好み、強いこだわりがある
  • テクノカット、スタジャン、MA-1などの真新しいファッションが流行
  • ナウいという言葉が流行

 

この世代は、音楽やファッションに対して、これまでの常識とは異なる真新しさに強いこだわりを持ち好んでいたそうです。

現在、流行しているMA-1やツーブロックや襟を短く刈るヘアスタイルなどは、実はこの時代に流行してたんですよね。

音楽やファッションの話

新人類世代の上司には、是非、音楽ファッションの話題を積極的に振りましょう!

若い時に強いこだわりを持っていたからこそ、これらの話題は盛り上がること間違いなしです。

例えば以下のようなやり取りはどうでしょうか?

  • テクノポップやヘヴィメタルはかっこいい音楽ですね!
  • 80年代のファッションやヘアスタイルは今の流行に通じるものがありますよね!
  • どんな髪型やファッションをしていたんですか?

 

などと当時のファッションの話音楽の話を交えて『色々教えてください!』と話すと、結構盛り上がると思いますよ。

また、当時流行していたヘアスタイルやファッションの話などは、現代の流行に通じるものがあるので、参考になる部分も出てきて有意義な場になるかもしれません!

子供の受験の話

新人類世代のもう一つの特徴として、教育熱心なため自らの子供に中学受験をさせて、中高一貫校に通わせる傾向にあるらしいです。

教育熱心さがゆえに、モンスターペアレント問題が勃発させたのも、実は新人類世代です。

そんな教育熱心さがある新人類世代には、子供の受験の話や学校の話も良いネタになるでしょう。

ただ話を振りすぎると、教育論を熱く語られてしまい、話が長くなりすぎる可能性もありますよ。

 世代別で上司とのコミュニケーションを変えよう

世代別で上司を分類し、その時代を反映した話題を元に会話のネタを考えてきました。

仕事が終わったら飲み会なんで行きたくない!』って思っていて乗り気じゃない人も

飲みのいいけど、会話が見つからなくて悩む!』って思っていて不安な人も

是非参考にしてみて、気軽に飲みの席を乗り切ってくださいね!