3分で必ず変われる!人に好かれる方法を紹介!

世の中には、人から好かれ、愛され、頼られる人がいますよね。

そんな人を見て、「人に好かれたい」「誰からも愛されるような人になりたい」と羨んだことは誰しも一度はあるのではないでしょうか?

今回は、人から好かれる方法をまとめてみました。

3分でトライでき、すぐに好かれる人に変われるので、是非チェックして見てくださいね!

店員さんにタメ口聞かない

コンビニや居酒屋などで店員さんに対する接し方は重要です。

私はお客様的な」な偉そうな態度で「タメ口」で話している人を見たことはないでしょうか?

そんな人は、態度が横暴で気遣いのできない人や、他人を尊重できない心が狭い小さな人として、周りに認定されていますよね。

店員さんは友達でもなければ、あなたの後輩でも、御用聞きでもありません。

  • お会計の時には「ありがとうございます」
  • 注文を頼む時は「お願いします」
  • 対応していただいた時は「ありがとうございます」
  • 最後は「ごちそうさま」

 

など、常に誠意を持って誰にでも気の遣える人になりましょう!

ありがとうを忘れない

感謝の気持ちを忘れずに、伝えることはとても大切です。

どんなに関係が深い友人関係にも、信頼関係が構築された恋人関係にも、心を許した家族関係にも、仕事上の付き合いの後輩にも。

  • ご飯を作ってもらったら「ありがとう」
  • お店を予約してくれたら「今日のご飯とっても美味しかったありがとう」
  • 自分の欠点を指摘してくれたら「ありがとう」
  • 些細な仕事上のやり取りでも「ありがとう」

 

普段照れ臭くて言いにくい「ありがとう」ですが、言えば言うほど周りの人たちを笑顔にすることができますよ。

だって、言われて嫌な気持ちになる人なんていないのだから。

「ありがとう」をさりげなく言える人になりましょう!

年齢・性別・肩書きにこだわらない

年齢・肩書きにこだわらず、誰に対しても平等に接することができるのは重要です。

飲み会の席で後輩に偉そうな態度をとるのではなく、男だから女だからと分けて差別するのではなく、偉い上司にだけ媚を売るのではなく、好きな男性の前だけぶりっ子になるのではなく。

どんな時でもみんなに等しく同じ態度で接することができる人は魅力的ですよね。

周りからはきっと、「心に余裕を持った人だな」と感心されると思いますよ。

先輩、後輩、男女関係なく平等に接することができる人になりましょう!

嫌われる勇気を持つ

自分の意見をしっかり持って、周りに流されない行動をすることは大切です。

できない約束はしないうわべだけの関係はしない嫌なら嫌とはっきり言う

人に好かれたいからと、人に嫌われるのを怖がってどんな時も良い人ぶると逆効果です。

秋元康さんの名言にもありますが、人に嫌われる勇気を持つことも大切です。

本当に人望のある人というのは、 けっこう人に嫌われています。

好かれることも嫌われることもあるけれど、嫌いな人よりも、好きな人のほうがたくさんいる。または、好きな人からは、絶対的に好かれている。

そういう人のことを、人望のある人というのです。

「秋元康」

また心理学者のアルフレッド・アドラーも著書「嫌われる勇気」で、嫌われる勇気を持つことで人に好かれるようになると言っています。

 

相手の顔色ばかりを伺って生きていたって、誰からも好かれないです。自分軸をしっかり持って行動することが大切です。

最後に

人に好かれる4つの特徴を紹介してきました。

たった3分でトライできる簡単なことばかりです。

この機会に自分の行動を見直して、誰からも好かれる良い人を目指してみてはいかがでしょうか?